このページ  Einstein1905.info トップ / ニュース記事 / What's New 今月分
関連ページ  Einstein1905.info トップ / ニュース記事 / What's New 索引, 物理・宇宙ニュースから, サイエンス不定期日記
関連ページ  Einstein1905.info トップ / リンクページ / サイエンス系ニュース

Einstein1905.info :: What's New in Science?

2004年3月4月分 最新版はここ, 索引はここ

週に一度くらいのペースで,私が見聞した情報をここに書いていきます.月曜か火曜に更新予定.最近は2週に一度くらいのペース.
2004/04/19
2004/04/05
2004/03/22
2004/03/08
2004/03/02
2004/02/22
2004/02/09
2004/02/02
2004/01/19
2004/01/05
2003/12/23
2003/12/16
2003/12/09
2003/11/29
2003/11/22
2003/11/15
2003/11/08
2003/11/02
2003/10/24
2003/10/17
2003/10/10
2003/10/03
2003/9/26
2003/9/19
2003/9/12
2003/9/05
2003/8/29
2003/8/22
 
 



Go previous week, next week, or top.
2004/04/19
  • 今週のサイエンス情報

    • 【天文観測】豪で新彗星発見,5月に3彗星が「競演」
      3つの彗星が今月から来月にかけて肉眼で観測可能だと言う.「二つが肉眼で見えるのも400年ぶりなのに,3つがほぼ同時期に現れるのは記録にない」(国立天文台の渡部潤一・助教授,朝日新聞)らしい.( 国立天文台「明るい彗星がやってくる」)
      1. ニート彗星(C/2001 Q4(NEAT)).アメリカ・パロマー山天文台,口径1.2mシュミット望遠鏡による近地球小惑星観測プログラム「ニートプロジェクト (NEAT=Near-Earth Asteroids Tracking programme)」で2001年夏に発見された. 発見時の太陽からの距離は約15億キロメートル(ほぼ土星の軌道あたり)で,新彗星発見の最遠記録.ニート彗星は,この5月15日には太陽に1億4000万キロメートルほどに近づき,西の夜空に肉眼でも見えるという.
      2. リニア彗星(C/2002 T7(LINEAR)).アメリカ・リンカーン研究所の「リニアプロジェクト(LINEAR=Lincoln-Laboratory Near Earth Asterid)」のチームが2002年10月に発見した.発見時の太陽からの距離は約10億キロメートル.4月23日には太陽に9000万キロメートルま で近づく.
      3. ブラッドフィールド Bradfield 彗星.豪の天文家Bradfield が新彗星を3月末に発見した.日本では4月23日ごろから5月の連休ごろまで,明け方の東の低空に上がる.明るさは3等級
      4/13 朝日新聞 4/13 国立天文台アストロトピックス, 4/16 国立天文台アストロトピックス
    • 【惑星物理】南極いん石そっくりの岩石 火星で発見
      2台の無人火星探査車を管制する米航空宇宙局(NASA)ジェット推進研究所は15日、地球の南極などで過去に発見された、火星から飛来したとみられるいん石と、組成がよく似た岩石が火星の地表で見つかったと発表した。 これらのいん石は、含まれるガスの成分分析などで火星からのものと、考えられていたが、これまでの火星探査で、類似した岩は見つかっていなかった。 (4/16 京都新聞4/15 NASA
    • 【地震予知】カリフォルニアで9月5日までに大地震…米学者ら予知
      米カリフォルニア大学ロサンゼルス校の地震学者チームは16日,「今年9月5日までにカリフォルニア州南東部(モハベ砂漠やサンディエゴ郡東部などを含む,約3万平方キロ)にM6.4以上の地震が発生する」と予知したことを,同州パームスプリングズで開催された米地震学会総会で明らかにした. 大地震の予知が実現できれば,防災上の利点は計り知れないが,研究チームは詳細な計算データを明らかにしておらず,予知の信頼性をめぐって論議を呼びそうだ.
      公表したのは,Vladimir Keilis-Borok博士ら.博士はロシア科学アカデミーで長く地震研究に携わってきた人物.昨年9月にM8.0を記録した北海道・十勝沖地震と同12月にカリフォルニア州中部で起きたM6.5の地震を予知した,と今年1月に発表した.  同チームの予知方法は,地震多発地域で起きた大小の地震の傾向を独自の数値計算ではじき出し,観測データの直前の変化などと合わせて,数か月程度の幅で大地震を予知するというもの. (4/16 読売新聞)
    • 【ゲノム】ヒト遺伝子:世界最大のデータベース公開
      国立遺伝学研究所東大医科学研究所 かずさDNA研究所など日本の研究機関が提供したデータは全体の約6割.各施設はデータの知的所有権は主張せず,すべて無償で誰でも見ることができる. 世界の研究施設に遺伝子データの提供を呼びかけたところ,44施設が賛同,百人を超す研究者が来日してまとめた,という. (4/15 朝日新聞)
      産業技術総合研究所生物情報解析研究センターなど国内の3研究機関は 15日,21037個の遺伝子を網羅したヒト遺伝子データベースを完成したと発表した. ヒトの遺伝子は3万〜4万個とみられており,「現時点では質,量とも世界最大のヒト遺伝子の機能情報カタログ」という.  日米独中の6研究機関のデータを統合した.これまで企業や研究機関が個別に作ったデータベースはあったが,断片的だったり,精度にばらつきがあった.今回は世界標準となる精度を確立し,各遺伝子について立体構造や疾患との関係,染色体上の位置など詳細な情報が付記されているのが特徴だという.登録された遺伝子のうち5155個は新発見だった. (4/15 毎日新聞, The Genome Database, HOWDY(Human Organized Whole Genome Database) 三重大学のリンク
    • 【生物科学】覚えの早さ「女の子」が上 チンパンジー、人間と同じ
      野生のチンパンジーは草の茎などの道具を使った「シロアリ釣り」をするが、これを最初に覚えるのは、雌が雄よりずっと早いことが米ミネソタ大の研究で分かった。人間も幼少時は女児の方が学習能力が高いと指摘されており「進化の隣人」といわれる人間とチンパンジーの共通点がまた1つ明らかになった。15日付の英科学誌ネイチャーに発表された。 研究グループは、タンザニア・ゴンベ国立公園の野生チンパンジーを約4年間観察。シロアリ釣りができるようになった時点の年齢がはっきりしていた雌3匹、雄3匹を比べたところ、雌は2歳7カ月(中央値)で習得したのに、雄は4歳10カ月(同)までかかった。 (4/15 京都新聞 E.V.Lonsdorf, L.E.Eberly and A. E.Pusey, Nature 428 , 715 - 716 (15 April 2004))

  • 今週のサイエンティスト情報

    • 東大,京大など法人化6大学が研究協力 化学分野で
       日本を代表する優れた研究拠点に予算を重点配分する文部科学省の「21世紀COE プログラム」に選ばれた6大学の化学分野の研究チームが,大学の壁を超えた協力組織をつくった.大学同士の横の連携を組織化しようと九州大が呼びかけ,分野が近い5大学が応じた.国立大の法人化により,研究現場の競争意識が高まって大学間の協力が進めにくくなるのを防ぐ狙いがある. 「21世紀COE化学系ネットワーク」と名付けられ,バイオ,ナノテク,環境化学などの分野で協力を進める.当面は博士課程の大学院生を短期交換する教育研修制度をつくったり,持ち回りで合同シンポジウムを開いたりする.略称はBINDECで,Bio (北海道大), Info (九州大), Nano (東北大), Dynamics (東京大), Eco (大阪大), Chem (京都大)の分野の総称. (4/19 朝日新聞

Go previous week, next week, or top.
2004/04/05
  • 今週のサイエンス情報

    • 【相対論】一般相対性理論「時空のゆがみ」検証へNASAが衛星
      米航空宇宙局(NASA)は2日,「時空の歪み」を観測するため,地球を周回する衛星 Gravity Probe B を17日に米カリフォルニア州の空軍基地から打ち上げると発表した. 衛星は,極めて精巧にできたジャイロスコープ(姿勢監視装置)を4つ搭載,高度640キロを周回し,18か月観測を続ける. 地球の重力によって生じる時空の歪みによってジャイロ回転軸に小さなずれが起こると予想されている. (4/4 読売新聞4/21 朝日新聞4/2 NASA press release, Stanford Univ.

  • 今週のサイエンティスト情報

    • 国立大学法人化
      全国89の国立大・短大が1日,国の組織から切り離され,それぞれ独立した法人になった. 学長を中心とした経営重視の運営組織に転換し,教育や研究の業績評価を予算配分に反映 する仕組みを導入する.約13万人の教官や職員は公務員ではなくなり,各法人の職員となった. 法人化は49年の新制国立大学の発足以来の改革.文部科学省による護送船団方式での大学運営から脱し, 大学同士の競争を促して教育や研究の活性化を図る狙い. ただ,業績を意識した大学運営が,すぐには成果の出にくい教育や研究などへの取り組みを圧迫するとの懸念や,法人予算が政府全体の予算削減の対象となって減る可能性があることなど,法人化による悪影響を心配する声もある. (4/1 朝日新聞)
      大学共同利用機関であった,国立天文台,核融合科学研究所,基礎生物学研究所,生理学研究所,分子科学研究所は, 共同で, 大学共同利用機関法人 自然科学研究機構(NINS, National institutes of Natural Sciences) を発足させた.
    • 4月1日に配信された大学情報 記事から,題目のみ.
      【注目記事】外国語で授業する大学,24%増の318校に
      文部科学省は3月23日,大学における教育内容の改革状況をまとめた.英 語など外国語での授業を実施している4年制大学が2002年度に国公私立 あわせて318校に達し,2001年度の256校から24%増えたことが分か った.実施している大学は全体の46%に当たる.内訳は国立79校,公立 29校,私立210校.「GPA制度」を導入している大学も学部で146 校と前年度比65.9%増えた.また学生による授業評価を実施している大 学は,前年度より61校増えて574校となった.
      【大学改革】(1)北見工業大,全教員に任期制導入へ
      【大学改革】(2)筑波大と日立グループが産学連携協定
      【大学改革】(3)東京大が100億円規模のベンチャーファンド設立
      【大学改革】(4)東京芸術大が首席卒業生の「漫画」を買い上げ
      【大学改革】(5)成城大,英語優秀な高2に「飛び入学」
      【大学改革】(6)中央大が総合政策学部に新コース導入,「3年で大卒」
      【大学改革】(7)芝浦工業大が石川島播磨重工業と「連携大学院」
      【大学改革】(8)長野大,全教員に5年間の任期制導入へ
      【大学改革】(9)名古屋大がUFJ総研と提携
      【大学改革】(10)「大学コンソーシアムおおいた」設立へ
      【トピック】(1)大学評価・学位授与機構,国公立大の評価結果公表
      【トピック】(2)国立大,「役員会」の4割に経済人−日経調査
      【トピック】(3)大学評価学会が設立
      【トピック】(4)入学辞退者の前納授業料,大学側に返還命令−東京地裁
      【トピック】(5)大学生の自殺が増加
      【トピック】(6)社会経済生産性本部,若者の雇用改善策で提言
      【トピック】(7)文科省,外国大日本校と国内大学との単位交換認める
      【トピック】(8)リクルート就職ランキング,トヨタが2年ぶり首位
      【海外大学事情】 (1)韓国−大学生75%が「ネットからつぎはぎしてレポート書く」
    • 論文の引用順位,物理で東大と材料科学で東北大が世界一
      米学術情報提供会社「Thomson ISI」が5日発表した,という読売新聞の報道によれば, 学術研究論文の引用回数による世界の大学や研究所のランキングで,東京大が物理学, 東北大が材料科学のそれぞれの分野で3年連続の世界一になった. 化学で京都大が2位,生物・生化学で東京大が5位だった. 全分野の総合順位では,東大が世界13位,他に 京都大(30位),大阪大(36位),東北大(75位),名古屋大(99位)が入った. 1993年1月―2003年12月の最近11年間に,世界中の自然科学や人文科学の学術誌約8700誌の論文を分析. 研究機関ごとの引用回数の合計を数え,順位付けした. 同社は2002年から同様のランキングを発表し,今年で3回目. (4/5 読売新聞, 4/5 京都新聞, Thomson ISI, Thomson ISI Japan

  • 今週の「論文の引用順位」

    Thomson ISI Japan が5日に発表した,日本の研究機関の論文引用 ランキング.対象となったのは,過去11年間の論文.
    総合順位では,
    順位 世界順位 機関名
    113東京大学
    230京都大学
    336大阪大学
    475東北大学
    599名古屋大学
    6110九州大学
    7150北海道大学
    8179東京工業大学
    9200理化学研究所
    10225筑波大学
    11259広島大学
    12285産業技術総合研究所*
    13311慶應義塾大学
    14315千葉大学
    15333神戸大学
    16347金沢大学
    17352東京医科歯科大学
    18356岡崎国立共同研究機構(現:自然科学研究機構)
    19357熊本大学
    20366岡山大学

    日本の貢献が大きいとされる4分野では,次のようになる.
    物理化学 生物学・生化学 材料科学
    順位 世界順位 機関名 世界順位 機関名 世界順位 機関名 世界順位 機関名
    11東京大学 2京都大学 5東京大学 1東北大学
    216東北大学 3東京大学22京都大学6京都大学
    329大阪大学 13大阪大学27大阪大学9大阪大学
    431京都大学 14東京工業大学91理化学研究所13東京工業大学
    546高エネルギー加速器研究機構 17東北大学 92名古屋大学 17東京大学
    652東京工業大学 29北海道大学100九州大学20産業技術総合研究所
    765名古屋大学 31九州大学122東北大学22物質材料研究機構
    884筑波大学 41名古屋大学 140北海道大学 34九州大学
    990日本電信電話(株) 76産業技術総合研究所 160神戸大学 65名古屋大学
    1097産業技術総合研究所 99岡崎国立共同研究機構(現:自然科学研究機構) 163筑波大学 67大阪府立大学


Go previous week, next week, or top.
2004/03/22
  • 今週のサイエンス情報

    • 【惑星科学】小惑星が地球にニアミス
      日本時間の3月19日早朝,小惑星が地球に4万3000キロメートルまで近づく,ニア ミスが起こった.ニアミスした小惑星は,2004年3月16日(世界時)に発見さ れた 2004 FH という仮符号の付いた小惑星で,推定半径30m. 地球に接近する天体を探すアメリカのプロジェクトであるマサチューセッツ 工科大学(MIT)リンカーン研究所・地球軌道接近型小惑星(NEA)研究チーム(通称 LINEAR)によって,18等級の明るさで発見された.最接近時の地心距離がこれほど 近付いたのは,かつてなく記録的.観測技術がすすんで, 監視網がさらに充実すれば,今後も同様のニアミスが見つかってくると考えられている. ( 3/20 国立天文台・天文ニュース , Closest Approaches to the Earth by Minor Planets
    • 【惑星科学】太陽系最遠の天体 2003 VB12 セドナ(Sedna)の発見
      2003年11月にアメリカ・パロマー山天文台の口径1.2メートル望遠鏡で 発見された 2003 VB12 という仮符号を持つ天体の軌道が,極端に楕円軌道であることが報告された.近日点は76天文単位,遠日点が約1000天文単位, 周期は1万年.この天体のサイズも特筆すべきもので, 推定直径は1000〜1600キロメートルほどで, これまで発見されているエッジワース・カイパー・ベルト天体 (Edgeworth-Kuiper Belt Object)の中では,冥王星の次に大きな天体. 発見者のグループでは,この天体にエスキモーの神話に登場 する海の神の名前,セドナ(Sedna)と命名提案をした. ( 3/16 国立天文台・天文ニュース , 3/15 NASA press release
    • 【惑星物理】惑星の磁場は,内部コアの状態を表す?
      天王星と海王星の磁場が,他の惑星の磁場と異なるのは,内部コアの構成が違うからだ, と結論する数値シミュレーション結果を,Harvard 大学の研究者らが発表した.これら 2つの惑星は,流体のコア部分を薄い外部層が取り囲んでおり,地球や木星・土星は, 岩石のコア部分を厚い流体層が取り囲んでいるからだ,という.この説が正しければ, 磁場の観測によって惑星の内部構造が分かることになる. (S. Stanley and J. Bloxham, Nature 428 151). 3/11 PhysicsWeb

  • 今週のサイエンティスト情報

    • 3月16日に配信された大学情報 記事から,題目のみ.
      【注目記事】東京工業大が中国・清華大と提携−両方の修士号取得可能に
      東京工業大学(相澤益男学長)は3月8日,中国の理工系大学の最高峰であ る清華大学と提携し,両大学の修士号を同時に取得できるプログラムを今秋 始めると発表した.日本語,中国語,英語の3カ国語の素養を持ち,中国へ 進出する日本企業で活躍できる人材を養成するのが狙い.東工大は提携に合 わせ,ナノテクノロジーとバイオテクノロジーの2コースを新設.両コース の定員は各10人程度とする.修了年限は東工大が2年半で,清華大は3年. 海外と日本の大学院の学位が同時取得できる制度の導入は国内で初めて.
      【大学改革】(1)東京大が金融研究センター創設へ
      【大学改革】(2)大阪商業大が学内VB投資制度
      【大学改革】(3)京都教育大で京都府教委が教員養成講座を開設へ
      【大学改革】(4)広島県3大学統合後の名称は「県立広島大」
      【トピック】(1)国公立大2次試験,後期は5667人が門前払い
      【トピック】(2)大学生就職内定率は82.1%
      【トピック】(3)ボランティア学習を授業に採用する大学が増加
      【トピック】(4)国費長期留学生,授業支援3万ドルに増額へ
      【トピック】(5)外国大日本校の単位,日本の大学と交換可能に
      【トピック】(6)大卒の就職人気企業,理系はトヨタ,文系はJTB首位
      【トピック】(7)女子院生の休学率,男子上回る−東工大教授ら調査
      【海外大学事情】(1)中国−外国人留学生のうち半分が韓国人
      【海外大学事情】(2)ドイツ−シュレーダー政権がエリート大学構想
      【IT化】(1)11大学が共同でナノテク研究最新情報データベース構築
    • フランスの科学者が一斉辞職で政策に抗議
      2000人を超えるフランスの科学者が, 政府大幅な予算削減政策に抗議して9日,一斉に辞職届を提出した. 辞職届を出しても形式的で,彼等は研究を続ける立場に残る. 担当大臣Claudie Haignereは,今年度より予算を 3.9% 増額することを表明したが, 科学者らは過去2年間で失われた550のポストの復活を請願している. 3/10 PhysicsWeb


Go previous week, next week, or top.
2004/03/08
  • 今週のサイエンス情報

    • 【惑星物理】 火星は過去に大量の水:NASA「生物住める環境」
      米航空宇宙局(NASA)は2日,無人火星探査車「Opportunity」の観測データから,火星にかつて大量の水が存在していた確実な証拠を得たと発表した.生物が存在した痕跡は確認されていないが,過去に「生物の進化に適した環境」があった可能性を指摘している. 地表探査,岩分析でジャロサイトなどの硫酸塩や赤鉄鉱などの鉱物が確認されたためで,これらは水がないと生成されない物質であるのが理由.また,顕微鏡カメラによる調査でも,岩石の表面に「がま」と呼ばれる小空洞や,「ブルーベリー」と名付けた小さな球状の物質が確認され,過去に岩石中に存在した塩化化合物の結晶が水中で溶け出した痕跡と判断された. (3/3 毎日新聞NASA press release
    • 【環境】エネルギー利用効率化,90年代以降に減速 CO2排出増,拍車
      70年代の石油危機後,先進国のエネルギー利用は効率化が進んだが, 90年代に入り,改善の速度が大幅に鈍化したことが, 国際エネルギー機関(IEA, International Energy Agency)の報告書で明らかになった.その結果,代表的な温室効果ガスである二酸化炭素の排出量も90年以降,増加傾向を強めたと指摘している. (3/7 毎日新聞IEA, International Energy Agency
    • 【衛星利用】米国GPSと,欧州Galileoが技術協力,相互運用で一致
      米の全地球測位システム(GPS)と,欧州連合EUなどが進める同様のシステム(ガリレオ計画)が,将来的に共存することで合意した. ガリレオ計画は約30の衛星を使い,GPS同様,地上の使用者に現在位置を知らせるもので,2008年の完成を目指している. GPSが誤差36メートル以下という精度であるのに対し,ガリレオの精度は1メートル以内. 米側は「米や北大西洋条約機構(NATO)の行動に支障がでる」と反発していたが, 双方は,技術協力やGPSとガリレオの相互運用などで合意した. 計画には中国が参加を決めたほか,インドも参加の意向を示している (3/6 USEU.be2/26 毎日新聞茨城大学星研究室
    • 【顕彰】東レ科学技術賞
      東レ科学振興会が, 『科学技術に関する顕著な業績の表彰』を讃える,東レ科学技術賞 の今年の受賞者が発表された.金メダルと賞金500万円が贈呈される. (最近の受賞者一覧

      朝山邦輔核磁気共鳴(NMR)による磁性と超伝導の研究
      柴崎正勝革新的不斉触媒の創製を基盤とする医薬合成・天然物合成に関する研究

  • 今週のサイエンティスト情報

  • 今週の「Einstein@Home」

    「火星に過去,水が存在した」のニュースは,(今のところ)今年一番のニュースかもしれない. 前日から「NASAが重大発表」との報道があり,本当は「火星人発見」かと期待していたのだが.^^; ま,地球の生命の起原は,宇宙から飛来したアミノ酸だ,という説もあるし,その説を映像で示した, Brian De Palma 監督の Mission to Marsという映画 (2000)もあった. もう少し,解析が進むと,生命の痕跡発見,という大ニュースになるかもしれないので,しばし待とう. (関係ないが,この映画で主役を演じた Gary Siniseは,Apollo 13 という映画 (1995)でも宇宙飛行士役を演じているのだが,このときは,月に到達できない役だった.火星に行けて よかったね,というオチも付く)
     さて,地球外生命体は,まだ,火星には過去に「いたかもしれない」というレベルだが,宇宙全体では, 地球外知的生命体も存在するはずだ. 電波望遠鏡からのデータを解析すれば,狭い電波領域にラジオのように発信されている知的生命体からの信号もあるかもしれない. アレシボ電波望遠鏡のデータをそういった観点から解析するプロジェクト SETI@Home (Search for Extraterrestrial Intelligence at home)は, 世の中の眠っているパソコンを使って一斉に計算すれば,スーパーコンピュータをも 凌ぐパワーが生まれる,という発想で始まったもので,現在でも進行中である. (日本語版SETI@Home ページも 用意されている.) 映画 Contact (1997) ほど現実的ではないかもしれないが, 地道にデータ解析を行うプロジェクトが進行していることは喜ばしい.
     SETIプロジェクトのような,分散コンピューティングは,他の分野でも試みられている. Mat氏の 各種分散コンピューティングプロジェクトの紹介 というページによれば,

    ほか,いろいろいろいろある.最近, というニュースもあった.
     同様のプロジェクトが,一般相対性理論の分野でも来年開始される,というニュースが入ってきた.名前は, Einstein@Home. 現在,ブラックホールや中性子星の衝突・合体によって発生する「重力波」の検出プロジェクトが 世界的に進められている.巨大なレーザー干渉計を用いて有意な距離の変動を検出するプロジェクトで, 日本では,国立天文台のTAMAが1999年から稼働, アメリカの重力波干渉計(LIGO, Laser Interferometer Gravitational wave Observatory)が昨年から稼働を始めている. 天文学では,重力波の検出が,1年に数回のイベントがあるのか,100年に数回なのか,定かではない. しかし,重力波の存在は,連星中性子星の軌道観測から間接的には知られている.直接,重力波が観測できれば, ブラックホールが生まれる瞬間の確かな証拠になるし,Einsteinの一般相対性理論を強い重力場で検証できることになる. ノイズにまぎれた小さなシグナルを見つけるには,大量のデータ処理が必要,ということから, SETI式のプロジェクトが始まる模様だ. Einstein@Homeで見つけようとする重力波信号は,パルサーからのもの.現在,参加者の予備調査で, 登録を募っている.折しも,2005年は国際物理年(世界物理年). 案内は,国際物理年ホームページでアナウンスされた.

Go previous week, next week, or top.
2004/03/02
  • 今週のサイエンス情報

    • 【惑星探査】NASAが「重大発表」 火星に水の証拠発見か
      米航空宇宙局(NASA)は1日,2台目の火星探査車Opportunityの探査活動について,米東部時間2日午後2時(日本時間3日午前4時)からワシントンのNASA本部で「重大な記者会見をする」と発表した.かつて火星に大量の水が存在することを示す何らかの物証が見つかったとの見方が出ている.
    • 【宇宙論】Einsteinはやはり正しかった
      Hubble宇宙望遠鏡を使った深宇宙オリジン・サーベイ計画(Great Observations Origins Deep Survey: GOODS)では, 遠方の超新星の明るさから,過去の宇宙の膨張率を探るという研究が行われている. これにより,宇宙膨張を加速させている,正体不明の「暗黒エネルギー」の存在が, やはり支持され,Einsteinの導入した「宇宙項」はやはり正しかった,という報道が あった. (2/20 hubblesite.org, 2/26 AstroArts
    • 【これもサイエンス】M&Mチョコレートは最密充填に最適
      アメリカの研究者らが,M&Mチョコレートのような,楕円体は,球対称体よりも 密に充填できる,という結果を報告した (A Donev et al. 2004 Science 303 990) . 16世紀のJohannes Kepler 以来,球対称体による全体積の74%が,最密充填可能体積 である,と信じられてきた.しかし,ランダムに充填する際には球対称体でも64% に落ちる.今回の研究は,葉巻き型楕円体の場合,ランダムに投入しても74%程度に なる,というもの. (2/20 PhysicsWeb
    • 【食肉の危機】鳥インフルエンザ
      先週「食肉の危機」としてまとめたばかりだが,京都府丹波町で,2月27日,鳥インフルエンザにより,鶏が大量に死亡していることが,匿名電話で発覚し,養鶏場や行政の対応について連日報道されている.発覚前に 精肉場へ輸送されており,近隣の府県もパニック状態だ. ウィルスは,山口県や大分県のウイルスと同様「H5N1型」. 京都府は,生きている鶏も含めて,16万羽の処分を命令.かつてない大処分で,樹林を 崩し,地中に埋めるため,数週間かかると見られている. 半径30Km以内の地域での,鶏・卵の移動も禁じられている. (毎日新聞

  • 今週のサイエンティスト情報

    • 3月2日に配信された大学情報 記事から,題目のみ.
      【注目記事】文科省,"ネット大学"の設置基準を緩和へ
      • 読売新聞は2月22日,文部科学省がインターネットを通じた教育を行う大 学,大学院を開学する際の建物などの設置基準を大幅に緩和する方針を決め たと報じた.学長室や事務室の本部機能など必要最小限の施設のみ用意すれ ば,設置を認可する方向.これにより,従来より少額の設備投資で大学を作 ることが可能になる.文科省はまず地域限定の構造改革特区で基準を緩和し, 将来的には全国適用を目指す方針という. ◆関連ホームページ◆ 首相官邸・構造改革特別区域推進本部(第5回)資料一覧
      【大学改革】(1)福島県内13大学・短大が単位互換協定
      【大学改革】(2)東京大,2次試験で受験科目を増やす
      【大学改革】(3)東京大,慶応大など25大学が経営安定化策を共同研究
      【大学改革】(4)大阪府立3大学統合,新大学名は「大阪府立大」
      【大学改革】(5)京都大の経営協議会,学外委員12人を内定
      【大学改革】(6)名古屋大,三菱重工と先端分野で包括提携
      【大学改革】(7)福岡教育大が非常勤講師手当てを半減
      【トピック】(1)国公立大2次試験始まる−志願者倍率は5.3倍
      【トピック】(2)文部科学白書−大学改革が「国家的課題」と認識
      【トピック】(3)センター試験の作成者名を公表へ
      【トピック】(4)法科大学院の適性試験,今年は6月27日に実施
      【トピック】(5)中教審,薬学部の6年制延長を答申
      【トピック】(6)文科省,私学審議会の構成員の規制を撤廃へ
      【トピック】(7)大学工学部の研究力,大阪大が首位−日本経済新聞アンケート
    • 運営費交付金 旧帝大中心に配分
      国立大学法人の平成16年度運営費交付金を調査した結果,地方大学と旧帝国大学の格差はいまだ大きいが,一部の大学は教職員一人あたりの運営費交付金額で逆転していることが分かった.運営費交付金はこれまで通り,旧帝国大学を中心に配分されており,医学部を持つ総合大学でも10倍近い格差があるものの,教職員一人あたりの運営費交付金額をみると,政策研究大学院大学が他の法人を圧倒して大きな金額を獲得していることが分かった.2/20 科学新聞

  • 今週の「endorsement」

     理論物理の分野では,論文を書いて投稿すると同時に,その成果をいち早く同業者に知らせるために,プレプリントを刷って配付することが多かった.1992年に始まった, プレプリント・アーカイブシステム http://arXiv.org/ は,この目的で設立されたもので,現在では,連日,数百の論文が登録されている. 分野も細分化され,研究者は,毎日一回配信される論文タイトルとアブストラクトを電子メールで眺め,詳しく読む場合は,論文全部をダウンロードする.研究者の生活の数時間は,これで費やされると言っても過言ではない. 私自身も,査読されて出版された正式な論文ではなく, プレプリントを中心にネタを探すことが多い. そうしないと,同業者に遅れを取ってしまうからだ.
     さて,誰でも無料で登録できて,無料で情報が取り出せるこのシステムは素晴らしいものだが,これは研究者の「善意」で成立していることが前提である.逆に言えば, 「アインシュタインは間違っていた」という類の,科学的根拠がない妄想論文も 登録できて,翌日全世界の研究者に配布されてしまう,という可能性もあった. これまでの10年間は,論文の登録方法がある程度専門的なので (TeX原稿とps図をtarしてuploardとか),善意に頼って運営していたようだが, 最近,運営側は一歩踏み出して,審査制度を設け始めた.
     Endorsementシステム (endorsementは「小切手の裏書き」の意味)というもので,将来的に,「初めて投稿する人は,審査権をもつ人の保証が必要」というシステムにするらしい. 現在はまだ制限的に運用中のようだが,大学や研究所のEmailアドレスではないところから,論文を登録しようとすると,「審査権をもつ人に保証をしてから,登録せよ」という メールが来て,すぐには登録できないシステムになっている (実際,einstein1905.infoのアドレスは,初めそう返されてしまった). 「審査権をもつ人」は, http://arXiv.org/ の該当分野で過去5年以内に実際に論文を 複数登録した人で,審査は,「申請人をよく知っている」あるいは「登録しようとする論文を読んで十分なレベルに達していると認める」ことで成立するようだ.新規に審査で認めた人については,将来的にも審査人が責任をもつことになるのだ,という.
     もちろん,プレプリントの段階なので,内容について正しいかどうかまでは 審査されないと思うが,研究所や大学所属でなくても,論文を頑張って書いている 私のような者にはちょっと辛いシステムかも.(もっとも私は論文登録するのに最終的に問題は全くなかったのだが,私には審査権がないようだ.[そのかわり,refereeのボランティアは相変わらず続いているのだが...^^;  ]).


2004年2月以前の分はここ


トップへもどる